LINE TEL

坐骨神経痛 | 福岡市西区で肩こり・腰痛・頭痛の改善に強い整骨院

お問い合わせはこちら
LINE予約

坐骨神経痛

この坐骨神経痛
もうどこでも良くならない
そう思っているあなたへ

腰痛のイメージ写真

こんなお悩みありませんか?

矢印

そのお悩み
当院にお任せ下さい!
責任を持って施術します!

レントゲンやMRIで「異常なし」と言われた方へ

体の痛みや不調があるのに病院でレントゲンやMRIで検査しても「異常なし」と言われた。

そんな経験ありませんか?

体の痛みや不調は「異常」を訴えています。あなたは、体からの警告を無視しないでください。

手技療法にしかできないこともあります。それを確かめるために『まごころ鍼灸整骨院』に来てください。

当院での改善法

関節や筋肉の本来の動きを取り戻すような根本的にアプローチする、当院オリジナルの関節潤滑法と骨盤矯正を柱として早期の改善を目指します。

特に、長年にわたる症状、何度も繰り返す症状のような根深いモノに対応することが出来ます。

当院独自の整体法が効果を発揮する3つの特徴

  1. 関節の動きやすさを上げ、関節潤滑法で身体バランスが向上する。
  2. 使われていなかった筋肉や関節を刺激し、脳に再教育させる。
  3. 骨盤や姿勢のゆがみを整えると、負担が分散し痛みが軽減する。
腰痛のイメージ写真

当院の整体法は、根本的な問題が起こりやすい箇所を中心にアプローチしていく独自の施術法です。

心地の良い刺激で身体のバランス機能を改善することを目的としています。

身体の関節バランスが整うと、安定感が増すことを実感します。

不調が続くと、その状態が正常だと認識してしまいますが、整体を受けた後は本来の体の状態との違いを感じることができると思います。

施術は痛みを感じることはほとんどありませんが、もしも施術中に強い痛みや違和感を感じる場合は我慢せずにお伝え下さい。

あなたの坐骨神経痛が改善しないのは何が原因?

坐骨神経痛は、改善しにくい症状ではありません。

もし、坐骨神経痛を発症してから1か月以上経過していても、少し楽になった程度とか、痛みがあまり変わっていなくてむしろひどくなっているというのであれば施術方法が間違っている可能性が高いです。

坐骨神経痛は正しく対処すると、施術を受けたその場で痛みが軽減したり、痛み止めの注射や薬を使わなくても痛みやしびれが出てこなくなります。

もし、数か月、数年も坐骨神経痛に悩んでいるのであれば、今から下記の施術方法を現在行っていないかチェックをしてください。

そして、行っているのであれば、今すぐ中止してください。良かれと思って行っている事が、逆に身体の治癒力を妨げ、改善しづらくなっている可能性があります。

このような対処法は坐骨神経痛の改善を妨げています

  1. コルセット
  2. 低・中・高周波治療(病院や整骨院でされる電気)
  3. マッサージ、指圧
  4. 湿布、痛み止めの薬
  5. 注射
  6. 手術
  7. ストレッチ

これらの対処は果たして本当に有効なのでしょうか。

まごころ鍼灸整骨院では来院された患者さまから、これまでの治療歴を詳細に聞いています。

坐骨神経痛でお困りのかたは

「いくつもの病院、整骨院にも通いました。それでも痛みがなくなりません・・・」

「もう、ビリビリとしびれて痛くて歩くこともままならないです・・・」

とあらゆる対処を試したけど良くならず、すがるような想いの重症の方も来ています。

当然、医療機関や整体・整骨院の指導どおり、上記のような対処を数週間も、数か月もつづけたにも関わらず、痛みが思うように改善されなかった方たちです。

さまざまな方をみてきて、むしろ上記のような対処を繰り返してきた方ほど、筋肉の緊張がより強くなっており、慢性化して改善しづらくなっていることが分かっています。

とくに痛みをともなうマッサージやストレッチは、症状を著しく悪化させる原因となるので、絶対にやめてください。

マッサージを続けることのリスク

“坐骨神経痛は職業柄、年のせいだから治らないのは仕方が無い”

“マッサージやストレッチをしによく通っているけど効果が現れない”

そう思って諦めていませんか?

まごころ鍼灸整骨院では、あなたのその坐骨神経痛を「対症的」に終わるのではなく、しっかり「根本改善」してもらうことに取り組んでいきます。

「対症療法」と「根本改善」では結果が大きく異なります。

多くの方は、腰の痛さがピークに達すると、近くのマッサージに行かれる思います。もしくは、定期的にお店に通っている方もいらっしゃるかもしれません。痛みがひどい時にはなんとかすぐに解消したいものですよね。痛い部分を揉んでもらうと、痛みを和らげることができます。その時は気持がよく、症状が軽くなったような気がします。しかし、残念ながらその効果は一時的で、数日後には元の症状に逆戻り・・・という経験がある方も多いのではないでしょうか。

これが「対症療法」の状態です。

「対症」を繰り返していても、「根本改善」にはつながりません。それどころか繰り返し施術を受ける事で、強い力でないと満足できない・効き目を感じられないといった状態になることさえもあります。通い始めた頃は一度行けば数週間は痛みが出なかったのに、最近では数日、ひどい場合は施術後の数時間しか楽にならない・・・。そんな経験のある方もいらっしゃるかと思います。当院に来られる方からもよくこのようなお話を伺います。

辛い痛みを治したくて通っているのに、改善しないばかりか、効果が薄れていってしまう。治る実感の無い痛みを抱えながら生活することは、本当に苦しいことです。肉体的なストレスだけでなく、精神的にも強いストレスとなると思います。

何故このような悲劇が起こってしまうのでしょうか?

その答えは「施術の刺激に慣れてしまう」ためです。痛み止めに頼って飲み続けていると、効果が出にくくなってしまうのと同じように、マッサージにも耐性が生まれてしまいます。施術者はどんどん刺激を強くして、効果を感じられるようにしていきます。しかしまたこの刺激にも慣れてしまい、更に強くないと効果を感じられない(満足できない)・・・この悪循環を繰り返すことになります。最終的には、どんな治療も効きにくい頑固なコリへと悪化させてしまうのです。

私が知る限り、一瞬で治す魔法のような方法は存在しません。世の中には、コリをほぐす名人や、ゴットハンドと呼ばれる人など数多くいらっしゃいます。しかし、それら全ては「根本改善」ではなく、一時的な「対症」でしかありません。それどころか「根本を治療」せずに原因を放置してしまうと、これから深刻な状況になっていくことさえ考えられます。

もし本気で「根本改善」したいのであれば、一時的な「対症」では治らないことを自覚してください。

そして、向き合う姿勢ですが、症状の改善が速い方は「自分で治す」と決断した方です。一方で、治らない方の特徴は「治してもらおう」としている方です。誰かに任せるのではなく、覚悟を決めて、もう一歩踏み込むことで、ご自身の体と向き合ってみましょう。そうすることで坐骨神経痛から解放される日も遠くはありません。

患者様のお写真01
患者様のお写真02
患者様のお写真03

治したい!今度こそ・・・

坐骨神経痛の悩みから身も心も解消される未来を実現してみたくはありませんか。それが、当院の目指している「根本改善」です。症状改善には、誰でもご自身で簡単にできる方法から、リラクゼーション店まで、たくさんの方法があります。しかし、それはどれも「その場しのぎ」の解消法です。「対症」からは卒業して、「根本改善」を目標に頑張りましょう。

「坐骨神経痛を治したい…」でも、

「今までと同じように治らなかったらどうしよう…」

「本当に改善できるのかな?」

そんな不安を抱えているのであれば、一度当院にお電話ください。治したいという気持も、不安に思う気持も全て受け止めます。

一緒に「根本改善」を目指して取り組んでいきましょう。

セルフメンテナンスで気をつけること

余計なことはしない

長年辛い思いをして苦しんでいる人ほど、早く良くなりたい、痛みのない生活を送りたいと思われていますので、少しでも効果を感じると「もっと長い時間やれば良くなるだろう」「もっと強くやれば早く痛みがなくなるだろう」とついつい頑張りすぎてしまいがちです。

しかし、長い時間、強い力でやったからといって効果があるということはあまりありません、それどころか状態が悪化することさえありますので、

適度な休憩をいれながら、焦らず継続することが結果的には痛みを早く楽にする近道になります。

やり方を確認しましょう

普段使えていない動きをすることで関節や筋肉を活性化させることが目的の一つですが、自分がやりやすいようなやりかたのエクササイズにだんだんとなってしまいます。これでは動きやすい動きをしていることになるので効果があまり期待できません。「あまり効いている感じがしない」「これでいいのかな」というような時は、もう一度再確認してください。

セルフメンテナンス後のチェック

エクササイズを行った後に、痛みが強くなった感じや、ほとんど痛みが変わらないように感じるときには、まだ症状が不安定ですので1週間は激しい運動や仕事は避けるようにしてください。これは長時間のデスクワークや運転なども含まれます。

そして、無理のない優しいやり方で、1日1回は今できる可動範囲いっぱいまで動かすことが必要です。多少の痛みがあっても、できる範囲で動かします。
痛みがあることで、あまりに動きを制限したり、ずっと同じ姿勢を保つことは避けるようにしてください。

患者様の声

友人たちから歩き方を褒められた/西区 Aさん 78歳

①ご来院される時はどのような状態でしたか?

歩くと痛みが出てしまう。100歩も辛かった。
6年前に右側の背筋が痛み、歩くと臀部からふくらはぎにかけて痛みが出るようになった。
病院では『坐骨神経痛』と診断され、2カ月に1回痛み止めの注射を受けながら、整体院(月1回、8ヶ月間通院)、カイロプラクティック(2週に1回、6年間通院)に行っていたがなかなか症状が良くならなかった。

②施術を受けた感想は?

治療の一環として歩くのが大変だと感じたが、少しずつでも確実に歩ける歩数が増えてきて、歩く習慣が身に付いた。友人たちから歩き方を褒められた。

③施術後はどのような変化が出ましたか?

だいたい治療開始から3週間くらいで変化が出てきた。初めは100歩も辛かったが、3週間で2000歩、2ヶ月で調子が良いと1日で6000歩くらい歩けるようになった。

④今後の目標は?

ゴルフ仲間が待っているから、また皆とゴルフを楽しめるようになりたい。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

ひどいしびれが無くなった/唐津市 沼沢さん 女性

①どのようなお悩みで来院されましたか?

しびれ腰痛坐骨神経痛 (家族の方のご紹介)

②施術後はどのような変化が出ましたか?

(お手紙から)
御便りありがとうございました。
あの後、ひどいしびれが無くなり嘘の様です。
心から感謝しております。
丁寧な説明と丁寧な治療をして頂き感服しております。
まごころ整骨院さまの御繁栄をかげながらお祈りしております。
かしこ

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。